塗装すべき箇所は?|「川崎外壁塗装王」は外壁塗装・屋根塗装を行っております。クレジットカード決済にも対応!

川崎外壁塗装王

塗装すべき箇所は?

外壁塗装において、塗装箇所は、外壁、屋根だけではありません。
川崎外壁塗装王では、ご希望であれば、外壁や屋根の塗り替えと合わせて各種付帯部の塗装工事も承っております。付帯部と言いましてもいくつかありますので、代表的なものをご紹介します。

付帯部:軒天

軒天とは、家屋・住宅の外壁から外側に伸びる屋根の裏側(真下)部分にある天井のことを指します。
外部にさらされており、雨風や湿気などの環境によって塗膜が劣化しやすい箇所です。外観に関わる部分ですが、軒天の付帯部塗装は美観が目的ではありません。
軒天は、もともと日が当たらず湿気がこもりやすいため、藻、カビ、コケが発生しやすい部位です。色褪せ、カビ、コケ等の症状が出始めたら、軒天の劣化により水切れが悪く防水性が低下しているサインです。そのまま劣化を放置すると雨漏りや家屋の寿命にも影響を与えますので、軒天の塗装を検討しましょう。
Before
After
軒天before
軒天after

付帯部:雨樋

雨樋は、屋根の先端を囲むように取り付けられ、屋根から流れる雨水を集め、地面に流す役割の部分です。雨樋は、雨水が壁に直接流れることを防ぐことで外壁塗装の劣化を防ぐ、大切な部分です。
大雨が降ったときに水が溢れることがないよう、雨樋は、屋根の面積や地域の降水量を勘案して適切な大きさのものが選定され、取り付けられます。屋根の先端を取り囲むようについており、外からは良く見える位置にありますので、美観を保つために塗装します。
雨樋は、塗装をしなくてもいいのですが、外壁の塗り替えが一通り終わった後に仕上がりをみたときに、塗装をしなかったことで雨樋が目立ってしまい、結局雨樋塗装を追加するケースもあります。
Before
After
雨樋before
雨樋after

付帯部:破風、破風板

破風板は、屋根の中に下側や側方から風が入り込むのを防ぐ役割があり、激しい雨や台風のときに雨水が吹込むことを防ぎます。また、破風板は防火の役割も果たします。破風板がないと火災の際に火の手が回りやすく、窓から炎があがったときに炎があっという間に軒まで達し、屋根裏まで延焼してしまいますが、破風板があることで火の手が屋根裏に廻りにくくします。破風は、雨樋を設置する際の金具を打ち付ける下地にもなります。
破風板は、常に紫外線を受けており台風などの自然災害もあり傷みやすいものですが、劣化が進む前、或いは軽度の劣化の段階で塗装をすることにより後の補修費を抑えることができます。破風板は、定期的な塗装が劣化対策に有効であり、塗装はどんな材質の破風板にも効果的です。破風板には、耐水性や耐久性の高い塗料を選ぶようにすることがおすすめです。
Before
After
破風、破風板before
破風、破風板after

付帯部:霧除け庇

霧除け庇は、玄関や窓などの開口部の上部に設けられる小さな屋根のことで、単に霧除けとも呼ばれます。
霧除け庇は、太陽光を遮り、日影を作ってくれますので、夏場や部屋の中に直射日光が差し込むのを低減でき、室内の温度上昇を抑えられます。また、大きさにもよりますが霧除け庇があることで、小雨程度であれば窓を開けても雨が部屋に吹き込むのを防ぐことができます。
霧除け庇が古くなると劣化が原因で雨漏りが起こることもあります。霧除け庇の上、下、横、外壁の取り合い部分のシーリングや、庇の表面の下の防水紙等、それらが傷み始めるとそこから雨水が浸入するおそれがあります。そうなる前に定期的に塗装や補修をしてメンテナンスすることが大切です。
川崎外壁塗装王では、霧除け庇などの付帯部の塗装工事も外壁や屋根の塗装工事のタイミングでしっかりと丁寧に施工させて頂いております。
Before
After
霧除け庇before
霧除け庇after

付帯部:笠木

塀、腰壁、ベランダやバルコニーの手すり部分等の上部(天面)に設置される仕上げ材の板を笠木といいます。
防水の観点から考えると、笠木は、水平になった部分から直接雨水が浸入することを防ぐのが役割です。笠木は、躯体に雨染み、雨だれ後を付けないためにも役立ちます。また、ベランダに取り付けた笠木をベランダ側に向けて傾斜をつけることで、笠木で受け止めた雨は、外側に落ちずにベランダ側に落ちることになり、家の外観を美しく保つことにも役立ちます。

付帯部:雨戸

雨戸は、塗装することによって寿命が延びるものではなく、美観的な目的で塗装をしますので、必ずしも雨戸の塗装は必要ではありませんが、外壁や屋根を塗り替えて綺麗にしたことによって、雨戸の劣化が目立つことがあります。そのため、家を保護するという目的では雨戸の塗装は必要ありませんが、雨戸の機能や外観を保つ上では塗装は必要になります。
しかしながら、雨戸が2階にもある場合には雨戸の塗装に足場が必要となり、足場の費用は意外と高額なので、雨戸の塗装だけを行おうとすると割高に感じるかもしれません。そこで、外壁塗装と屋根塗装を検討する際には、外壁塗装と同時に雨戸の塗装をすることを一緒に行うことをお勧めします。
Before
After
雨戸before
雨戸after

付帯部:ベランダ防水、屋上防水

ベランダ、屋根、屋上、バルコニーなどの防水工事は、雨水に対して行われる防水工事で、建物を漏水から守るために重要な工事です。ベランダやバルコニーなどは、屋根と比較して大きな勾配がないため防水塗装をしないと水が溜まりやすく、水が溜まりやすい箇所は特に劣化が進み、ベランダやバルコニーの床材に水分が浸入することで雨漏りにもつながります。ベランダやバルコニーなどは、外壁や屋根と同様、常に雨や紫外線に晒されていますので、日々劣化が進みます。建物の耐久性を維持するには、定期的にベランダ、バルコニー、屋上の防水の劣化チェックを心掛け、適切な補修をすることが重要です。
Before
After
ベランダ防水、屋上防水before
ベランダ防水、屋上防水after

PageTop

川崎外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム