塗料の違い|「川崎外壁塗装王」は外壁塗装・屋根塗装を行っております。クレジットカード決済にも対応!

川崎外壁塗装王

塗料の違い

塗料のグレードは何段階かあり、耐用年数や特徴が異なります。塗料のグレードによって外壁塗装の見積もりにも差が出ます。
耐久性が比較的低くても良いから価格を抑えたい、或いは、価格を抑えることよりも次の外壁塗り替えまでの期間を長く、耐久性が高い物を選定したい等のお客様のご要望をお聞かせください。

塗料の違い

アクリル系塗料 色をくっきり見せる印象です。艶があり、比較的安価ですが、紫外線に弱く湿気を通しやすいなど耐久性は低い。
耐用年数:4〜7年
ウレタン系塗料 アクリル系塗料に比べて紫外線に強い。耐久性は低いが、柔らかく伸びがよいので、ひび割れ(クラック)に強い。
耐用年数:6〜10年
シリコン系塗料 耐久性が良く、汚れや色落ちに強く、耐久年数もアクリルやウレタンより長い塗料。コストパフォーマンスのよい塗料で、現在よく使用されている。耐水性、耐候性など耐久面に優れている。
耐用年数:8〜15年
ラジカル系塗料 近年新しく出てきた塗料。紫外線を浴びることにより生じる塗膜の劣化を抑える特殊な機能をもち、耐候性を高めた塗料。
耐用年数:12〜15年
フッ素系塗料 硬くて頑丈な塗料なため、外壁塗料で比較的耐久年数が長く、ビルなどにも使用される塗料。一般住宅にはまだ普及しておらず、塗料も高価。
耐用年数:15〜20年
無機塗料 フッ素と同様に硬く、耐候性が高く、汚れにくい。他の塗料より価格が高く、ひび割れしやすい。
耐用年数:15〜20年
光触媒塗料 太陽光で汚れを浮かせて分解し、雨で洗い流すセルフクリーニングができる塗料です。耐久年数は長いですが、高価です。
耐用年数:15〜20年
※耐候性 (たいこうせい)は、外壁塗装の塗料などの工業製品が屋外で使用され、太陽光・温度・湿度・雨等の屋外の自然環境に対し、変形、変色、劣化等の変質を起こしにくい性質をいいます。
川崎外壁塗装王では、日本ペイント、関西ペイント、エスケー化研等の有名メーカーの塗料を始め、各社の塗料を扱っております。お家の外壁の状況を確認し、お客様のご要望や用途に応じた塗料の施工を提案いたします。

PageTop

川崎外壁塗装王 株式会社アトリエネオ
無料見積り依頼フォーム